BSO, あるいは CRG の新一般分類表 - 仮説と論証

川村 敬一

要旨


1970 年代に開発された BSO(BroadSystemofOrdering)は二つの側面をもつ。一つはUNISIST(United Nations Information System in Science and Technology)計画の変換言語であり,いま一つは第二次世界大戦後に 開発の完全にファセット化された一般分類表である。本研究は,BSO は CRG(Classification Research Group)が 1960 年代に開発を企画しながら,それが実現しなかった新一般分類表ではないかとの仮説に立ち,仮説の妥当性を 論証することを目的とする。

フルテキスト: PDF